沖縄美ら海水族館/海洋博記念公園2004/12/8
ようこそイサオプロダクトワールドへ

ブックマークへジャンプ◆黒潮の海アクアルーム注意事項オキちゃん劇場道路と駐車場

斜面に建てられた水族館は4層構造に作られ上から順路に沿って下りながら鑑賞する様になっています。最初に見るのは右上の「サンゴの海」です。様々な造礁サンゴが育っています。次ぎは「熱帯魚の海」でカラフルな魚達が泳いでいます。その他にも個別の水槽には珍しい海の生き物が見られます。上の◆印「美ら海シアター」では大水槽をバックにして迫力ある映像が見られます。

この後がいよいよ「黒潮の海」7500トンの大水槽です。巨大な「ジンベエザメ」と世界最大のエイ「マンタ」が悠然と泳いでいます。継ぎ目の見えない高さ8.2m幅22.5mの世界一のクリアパネルの前では本当に時の経つのを忘れます。この正面のスペースは通路も広く階段スロープ等も余裕が有りますので時間を掛けて位置を変えながらじっくり観て下さい。この後、大水槽の下を潜るアクアルームへ進みますが、曲がり角に展示されている60cm角のアクリル柱(左上)を是非御覧下さい。これが大水槽を囲んでいるパネルの厚さです。ここで振り向いて右後ろを見て下さい。晴れている時は水槽の中が明るいので見えませんが雨降り等の水槽の中が暗い時にはパネルの継ぎ目が縦に何本も白く見えて良く分かります。
さて、それでは左の「アクアルーム」です。前の方は通路より低くなってパネルがアーチになっていますが通路の部分は平面のパネルです。見上げれば大水槽を真下から見る形で大迫力です。この後は「深海の海」を通って出口に向かいます。
次は水族館の前に配置されているスペースです。ここには「ジュゴン」の仲間「アメリカマナティ」海の保育園ではサメの赤ちゃん。そして「ウミガメ館」と並んで「オキちゃん劇場」向かいには「イルカスタジオ」が有ります。「オキちゃん劇場」のイルカショーは一日4回で午前11:00/午後1:00/午後2:30/午後4:00からです。海洋博記念公園の開園時間は9時で水族館は9時半からです。朝一番に入場すれば水族館を観てからでも間に合いますが10時頃からでしたら先に「オキちゃん劇場」を見た方が水族館をじっくり観られます。

注意事項/以前とはかなり様子が変わっていて見学する場合には時間と体力を無駄にしない為に次の様な点に注意して下さい。園内を巡回する電気自動車は満員で乗れない場合が多いですから余り当てにはなりません。時間に余裕が無いと慌てて歩きだしますが広い園内で相当な距離ですから体力を消耗し時間も無駄になりますので移動時間には余裕を持って下さい。次ぎに園内では最近出来た噴水広場のレストセンターも含めて食事の出来る場所が限られている上に満足な食べ物も少ないですから途中では軽食程度で我慢する積もりで臨んで下さい。
入館する前に必ずペットボトルの飲み物を御用意下さい。又、館内では座る場所も最下層のスナックコーナー以外は有りません。時間に余裕が有れば「美ら海シアター」はお薦めです。映像の上映時間は18分ですが上映開始の30分前から入場出来ます。入場は無料ですが定員は先着120名です。取りあえず入場して席を確保してから交代でトイレに行ったりして休んで下さい。ここは上映が始まると出入り禁止になりますから閉め出されない様に御注意下さい。ハイビジョンの迫力ある映像を見れば休憩と鑑賞で一石二鳥です。疲れたら「アクアルーム」の通路から低くなっている部分が段差があって座れます。館内通路の壁際でも広い所では休めますが大部分は両方に展示物が有って休めるスペースは限られています。
海洋博記念公園には様々な施設が有ります。見たい物は人それぞれでしょうが私のお薦めメニューです。メインは「水族館」と「オキちゃん劇場」そして「熱帯ドリームセンター」です。水族館の出口はオキちゃん劇場の有るスペース近くですが入口は4階になっています。一階から上にはエスカレーターで昇りますので見学者が多い時は相当混雑します。雨降り等は特に大変です。
人の波が動く方向を見極めて混まない方へ進むのがベストですが時間の制約が有ってなかなか上手くは行きません。どう動くかはケースバイケースで判断して下さい。「熱帯ドリームセンター」は中央エリアでは穴場と言える所です。主な見所として「ランの花」は種類と規模とも驚くべき内容です。ここで毎年「世界洋蘭博覧会」が開催されます。「熱帯果樹」も世界中の珍しい果樹が全て集められています。
さて最後に道路と駐車場に付いてです。私が最初に行った時は金曜日で名護市街を通過したのは9時半頃でした。ここから約40分で10時過ぎに到着して駐車場は空いていましたから問題無かったのですが到着時間が遅いと駐車場に入れなくなって苦労します。週末には人出が多いですから名護から先は相当渋滞します。週末、休日には混雑が続くでしょう。平日でも昼近くになると混雑すると思います。これから行かれる方はなるべく週末祝祭日は避けて到着時間を早めにして下さい。公園の駐車場は収容台数が少なくて直ぐ満車になります。
何度か行って分かった事ですが大部分の人が那覇から9時頃に出発しますので10時半から11時頃に到着する事になり一番混雑するのです。以前は午後2時頃からは駐車場も空いてくる時間帯でしたが最近の傾向として午後から来る人も多くなって平日でも駐車場の空き待ちで並ぶ様になりましたので朝一番に行かないと駐車場に入る時間が無駄になりますので御注意下さい。

電話はこちらです南部観光案内マップ北部観光モデルコースニライカナイ橋嵐山のパイン畑リンクバナーですリンクバナーです御利用下さい。