最新情報Anews:042/不定期/10月2日号

ようこそイサオプロダクトワールドへ

今回は8月末に機種変更した携帯のカメラに付いてのレポートです。ポイント消化で手数料だけの出費という条件でしたので最新型ではありませんが機能的には充分なスペックです。

画素数/カメラ種別/有効画素数17万画素/記録画素数480×640(31万画素)
●スーパーCCDハニカム搭載 ●デジタルズーム機能:2倍・4倍・8倍
●撮影サイズ/iショット(S)120×120/iショット(L)288×352/メールで送信可能
 壁紙(120×160)携帯の画面サイズ/QVGA(240×320)/VGA(480×640)最大サイズ
●画像編集機能●セルフタイマー機能:5秒/10秒●コンパクトライト内蔵
●シャッター音/8種類●連続撮影音/3種類●メモリースティックDuo対応スロット
この携帯電話は三菱電機製のD251iSです。
レンズが小さいのでサイズの大きな写真の場合は外側がぼやけてしまいます。
カメラの設定で保存する所をカメラ本体にするかメモリースティックにするかを選択出来ます。メモリースティックの容量が不足の場合は設定を変えてカメラ本体に保存しておけば後でメモリースティックをクリアにしてからカメラ本体のデータをコピーして使えます。
カメラで写したデータをパソコンに落とす場合、メールで送信する方法も有りますが送信出来るデータ形式とサイズが限定されますので直接メモリースティックをパソコンに接続する方法を使っています。
携帯電話/アダプター/メモリースティックDuoPCカードでパソコンに接続

撮影サイズ/画像品質/保存枚数このカメラで写せる最大サイズ(iショットL)サイズ

壁紙(携帯画面)サイズ(iショットS)サイズ

別のウインドウを開くスクリプトのデータは「菊池さんの工作室」から借りています。

平成15年4月26日午後3時から空港自動車道の豊見城東道路が一部供用開始されています。
当面は豊見城ICから南風原南IC間を片側一車線の対面通行で一般道路の扱いですから通行は無料です。但し最近は県道7号線が何時も渋滞していますので余りお薦め出来ません。沖縄本島道路行程表

ウインドウズXPユーザーの皆さん。ウイルス対策は万全ですか。 記憶に新しいブラスターワーム対策は完了しましたか。下のページはブラスターワームの対策を詳しく説明していますので御参照下さい。
95/98/Meの場合にもアップデートを忘れると危険です。定期的にアップデートのページを開いて重要な更新のファイルをダウンロードしてインストールを実行して下さい。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/virus/blaster.asp

こちらは緊急レベルのセキュリティー対策のページです。
http://www.microsoft.com/japan/security/Security_update.asp

パソコンを守る為の基本的な対処法のページです。
http://www.microsoft.com/japan/security/protect/default.asp

こちらはマイクロソフトのダウンロードセンターです。
http://www.microsoft.com/downloads/search.aspx?langid=13&displaylang=ja

こちらはウインドウズXPの重要な更新プログラムが累積している為にダウンロードが困難なユーザーを対象としてマイクロソフトが無償で提供しているアップデート用のCDを入手する方法です。
http://www.microsoft.com/japan/security/protect/search/default.asp

左のアイコンから開くページはパソコンにインストールせずに起動する度にデスクトップから最新データをダウンロードしてウイルスチェックを実行するシステムの簡便型ソフトですがデータベースも毎日更新される優れ物です。
しかも最初から日本語表示ですから誰でも直ぐに使えます。

ウインドウズに常駐する事で完璧なウイルス防除を実行する驚異のアンチウイルスフリーソフト「AVG6」に付いての案内です。「AVG6」を未だ御存じで無い方は是非御覧下さい。左のアイコンから新しく作成したページにリンクを設定しています。
AVG6のダウンロードサイトはこちらです。

海洋博記念公園の「美ら海水族館」沖縄本島南部に新しく開通した「ニライカナイ橋」本部半島の嵐山のパイン畑に付いてのレポートも御参照下さい。嵐山のパイン畑沖縄本島道路行程表

首里城公園管理の疑問点リンクバナーですリンクバナーです御利用下さい。

このページはメールマガジンとして編集しています。御希望の際は御一報下さい。メールはこちらです。
このメールマガジンのバックナンバーも御覧下さい。

A.news予告/那覇周辺の案内マップ「知られざる琉球への道」は暫く時間が掛かりそうです。